不動産査定の見積もり依頼方法は?不動産鑑定との違いを理解して高く売る方法

704view

2018.06.22

目次

不動産査定と不動産鑑定の違いとは?

家を売る時に不動産査定と不動産鑑定とふたつの言葉が耳に入ってくると思います。

この2つは優劣があるわけではなく、これはまったく別のサービスになります。

不動産査定か不動産鑑定かは、目的によって使い分ける必要あるので、違いをしっかりと理解しましょう。

不動産査定

不動産会社に依頼する

不動産会社に査定を依頼するのが不動産査定です。

家を売る場合や、土地売却のために土地の価格を知りたいというときは、不動産査定で十分。

不動産査定の料金であることが一般的です。不動産査定は、土地取引を行う業者が営業の一環として行っているためです。

不動産会社によって査定結果に差が生じる

不動産査定の結果は査定する会社ごとに異なります。

その不動産会社がどのような目的で土地を取引しているかによって、土地の価格を決める基準が違うからです。

査定する土地の活用方法は不動産会社によって違ってくるので、査定結果にばらつきが出ることが多いのです。

不動産査定はこちらの記事で詳しく解説しています

不動産鑑定

法的根拠となる不動産鑑定の料金は有料

不動産鑑定はその名の通り不動産の鑑定を行います。

こちらは有料で行うものになりますが、定められた評価方法に従って土地の価格を割り出します。これは土地の価格の法的根拠となるものになります。

不動産鑑定は、公的な機関への提出書類として有効ですが、 土地売買に関しては必ずしも必要となるものではありません。

土地の価格には種類があります。詳しく知りたい方はこちら

不動産鑑定士による鑑定の結果はほぼ同じになる

不動産鑑定は不動産業者ではなく、日本不動産鑑定士協会という機関が運営している不動産鑑定士の有資格者が行います。

不動産鑑定士になるためには1年または2年のコースを受けてから、短答式の試験と論文式の試験という2つの試験に合格する必要があります。

その過程で不動産に関する行政法や不動産鑑定の基準、鑑定の際に留意するポイントなどの知識を身につけます。

不動産鑑定士は専門事務所を開いていたり、不動産業者を経営していたりする場合があるので、不動産業者にも一応聞いてみるといいでしょう。

不動産鑑定士の業務範囲は不動産鑑定の他にも不動産の運用などに関するコンサルティングも含まれていることが多いです。

不動産鑑定の流れ

不動産鑑定を依頼をすると、不動産鑑定士が鑑定を始めます。

不動産鑑定書

国家が保証しているものなので、不動産鑑定士以外は鑑定作業を行うことはできません。

不動産鑑定書は第三者視点からの評価となり、納税などの際に税務署に持っていく資料や訴訟の際に裁判所に提出する資料として利用できます。

不動産鑑定士による鑑定の結果は誰が行ってもほぼ同じ内容になります。国家資格を持った鑑定士が同様の評価方法で土地価格を算出するためです。

この鑑定結果は、土地の価格設定の確かな証拠になりますが、市価より安くなる傾向があります。

鑑定結果の価格で売却できなかった場合の損害を避けるため、そういったことが起こります。

不動産鑑定士は市場価値や土地に関する専門的な観点から鑑定書を作成します。一件の鑑定にかかる料金は10万円から30万円程度になります。

不動産鑑定を利用する場合

不動産鑑定は一件にかかる料金が10万円以上とかなり高いため、一般的な不動産売却では使用しない場合が多いです。使われるのは不動産に対して法的な金額の根拠が必要となるときです。

例えば、不動産が裏付けとなっている証券を購入するときにその証券がどのくらいの金額が見込めるのかを把握するために使われています。

その他にも所有者と借主が異なる不動産など、複雑な利権が絡んでいる不動産でトラブルが生じた場合には、客観的な観点としてトラブルを収束させるために使われることもあります。

いずれにせよ、抵当権などを付けていない普通の不動産を販売する際には査定のみで十分とされています。

不動産査定はなぜ無料?一括査定の上手な活用法

より多くの査定をもらう

先ほども書いたように、査定結果は不動産会社ごとに異なります。

市場調査の力や、最新の情報に接しているか、独自の判断基準を持っているかなど、業者によって違うからです。

多くの業者から査定結果をもらうことで適正価格の目安がつきやすくなり、極端に安い価格で売って損をすることを回避しやすくなります。

不動産査定をしてもらったから絶対にその不動産会社に売却しなければならないということもないので、気軽に依頼をしてみましょう。

不動産一括査定サイトを利用して効率よく情報を集める

多くの不動産会社から査定をしてもらったほうがいいと書きましたが、一社一社見積もり依頼をしているようでは時間も手間も掛かりすぎてしまいます。

そこで不動産一括査定サイトです。

一括査定サイトでは、無料で多くの業者に不動産査定を依頼することができます。

複数の不動産会社に依頼することで、高く売却できる可能性が広がります。場合によっては100万円単位で差が生じてしまいます。

家という大きな財産を売るのですから、ここは慎重に慎重を重ねるぐらいがちょうどいいです。

複数の不動産会社から査定をもらうことで、良質な業者を見極めた上で競合させることができ、良い条件を引き出せる可能性が広がります。

ただし、他と比べてあまりにも高い査定価格を提示してくる業者がいる場合は要注意。

その不動産会社が査定価格が高いからとその業者に決定したものの、いざ売る段階になったら当初の査定額よりもかなり低いといったことが起こる可能性があるためです。

あまりにも他とかけ離れている場合、どのような根拠で高い査定になったのかをしっかりと確認しましょう。

よほど正当な理由が示されない限りは、 極端に高い値段を査定価格として示す業者との取引は見送ったほうが無難です。

ただ、不動産査定にはその条件から査定額を導き出す机上査定と実際に売りたい家を見てから査定額を出す訪問査定の二種類があります。

高い査定額が出やすいのは机上査定となります。依頼する家がある場所や築年などの条件から導き出すため、いざ訪問査定を依頼したら価格に乖離が生じやすくなりますし、不動産会社の言い訳にも使われます。

そのため、本気で家を売りたい場合は机上査定ではなく、最初から訪問査定を選択するようにしましょう。

オススメの不動産一括査定サイト

HOME4U

HOME4Uは株式会社NTTデータ・スマートソーシングが運営する不動産一括査定サービスです。

国内初の不動産一括査定サイトで、今年で17年目となる老舗中の老舗。売却査定数も累計30万件と確かな実績を誇っています。

北海道から沖縄まで、全国の不動産会社が登録。
最大6社に無料で査定依頼ができます。

詳細 公式サイト

リビンマッチ(旧スマイスター)

45秒で簡単に査定を依頼することができる一括不動産査定サイトのリビンマッチ。

これまでに、440万人以上の方がサイトを利用しており、96%の利用者がリビンマッチの査定サービスに満足だと答えています。

査定と同時に不動産物件の相場を知ることができるようになっています。

登録されている1,400社の不動産業者にはそれぞれ得意分野があるので、物件によっては1,000万円ほどの差額が出ることもあり、最適の業者を選ぶ手助けをしてくれます。

詳細 公式サイト

イエウール

イエウールは全国約1,400の不動産会社が登録している一括査定サービスです。

全国の相場で判断するのではなく、過去の実績や周辺地域の価格なども参考に見積もりを出してくれるのが特徴。

わずか60秒で入力完了。最大6社に一括査定依頼ができます。

詳細 公式サイト

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします!

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る