家を売るときの査定って何?机上査定では意味がない3つの理由

37view

2019.10.30

目次

家を売るときの第一歩である査定。

手軽に手に入る机上査定ですが、実際に家を見るわけではないので、個別の建物の状態は反映されません。

また、家の売却は不動産業者の担当者も重要。

机上査定だけでは、担当者も見えてきません。

良い不動産業者の探し方と査定のもらい方を紹介します。

机上査定と訪問査定の違い

机上査定はデータを参考に業者が金額を試算、家を見ることなく査定を出すもの、訪問査定は個別に現地を確認した後に査定を出すものです。

訪問の有無が両者の違いですが、査定結果が変わってくる可能性があります。

机上査定は手軽にできるため、とりあえずの大まかな査定を得たい時に便利、訪問査定はより正確な査定が欲しい時に使います。

売却前には、机上査定をしていても、物件の確認のためにも訪問査定をすることになるでしょう。

不動産業者の訪問はハードルが高いので、物件の遠方に住んでいる場合は、とりあえず机上査定だけでも、という利用の仕方もあるかもしれません。

机上査定は、不動産業者によりますが最短で依頼から即日、遅くとも翌日から数日でもらえるので、依頼する方も気軽に頼めます。

訪問査定は現地を確認するため、前もってアポイントを取って、家を見てもらう必要があります。

訪問の手間が掛かりますが、その分正確な査定が出ます。

机上査定の特徴として、参考にできるデータが多いほど訪問査定には及ばないまでも、精度が上がってきます。

例えば、中古の売買が盛んな地域であったり、同じマンション内で取引事例があれば、机上査定でも精度の高い査定が期待できます。

しかし弱点として、戸建や近隣での取引事例が少ないと参考になる情報がないため、査定が正確には出ないかもしれません。

売却を検討する人は周辺の相場をネットや広告で調べたりするのではないでしょうか。

不動産業者に依頼しなくても、もし周辺で売り出されている中古住宅で条件が似ているのであれば、机上査定でもだいたい似たような金額で出てくると思って問題ありません。

机上査定では意味がない3つの理由

査定額は高い方が嬉しいものですが、家の売却の査定は、だいたいこのくらいの金額で売り出したら、という提案と思ってください。

特に机上査定は、近くの家が◯◯万円だったから、こちらの家もだいたいこれくらい、という査定方法です。

机上査定のデメリットは主に3つあります。

1.どこの不動産業者でも可能

不動産業者は賃貸メインなのか、仲介メインなのか、売買メインなのか、売買でもマンションの売買に特化している等、得意にしている分野がそれぞれ違います。

もちろん、売却の依頼は得意にしている不動産業者に依頼した方が良いでしょう。

査定を出す方法はいずれの不動産業者でも、レインズに載っている直近の取引の情報を利用するやり方のため、得意不得意関係なく査定を「出す」ことだけならどの業者でも可能なのです。

レインズは不動産業者だけが見ることができるもので、物件情報と成約価格が登録されています。

詳細な成約情報を一般の人が見ることはできません。

逆にいうと、机上査定はどの不動産業者を選んでもやることは一緒。

査定は似たり寄ったりなものになります。

査定を出したとしても、その不動産の売却が得意な不動産業者とは限りません。

2.建物の価値が反映されない

不動産は同じものが2つとありません。

しかし机上査定では、同じエリアにある築年数が似ている、広さが似ている、取引時期が近い…といったデータしか見ないため、実際の現地や室内の状態が反映されません。

築年数の割に綺麗な家もあるかもしれませんし、逆に住宅設備が壊れているかもしれません。

例えば売主としてもリフォームしたばかりであれば、少し高めの査定を期待しますよね。

こういったプラスなこともマイナスなことも机上査定では反映させることができません。
ここが最大のデメリットなのです。

日当たりや周辺環境、劣化具合等は訪問査定でなければ反映ができないため、最初に机上査定があったとしても訪問査定をすると異なる価格になる可能性があります。

机上査定は参考にしすぎない、という心構えも必要です。

3.担当者の顔が見えない

不動産業者選びも大事ですが、担当者との相性も大事です。

よく売る人、全く売れない人、対応が早い人、知識の多い人…担当者にもさまざまなタイプがいますが、机上査定の金額だけでは、どんな担当者なのか見えてきません。

不動産は対面販売で、顧客を安心させられるスキルが求められますので、良い営業担当者を見つけられることが売却には必要といえます。

査定は不動産業者との最初の接触になります。

業者にとっても売買物件を得るための営業のスタートですから、査定内容の説明はもちろん、売却の流れなど詳しく説明があることでしょう。

売主としても、訪問査定では不動産業者の担当者を見極める機会になります。

机上査定とは違い、複数の訪問査定をお願いした場合、不動産業者によって査定に差が出るかもしれません。

ただ、査定は家の売却価格が決まるものではありませんから、一喜一憂する必要はありません。

査定額を参考に売出価格を決めることになるので、まずは周辺の相場や不動産市場の動向を丁寧に説明できる担当者を見つけましょう。

また、必ずしも査定額のままに売り出す必要はありません。

いくらで売り出したいかは、最終的には売主の判断です。

成約価格は売り出した価格より下がることが多いため、最初は高めに出すことを提案されますが、間違いではありません。

ちなみに不動産業者の営業担当者は、宅地建物取引士資格を持っているとは限りません。

宅地建物取引士でなければならないのは契約関連の行為だけなので、資格が必要な重要事項説明のみは有資格者が行うというやり方をしていることがあります。

業界歴が長い営業担当でも宅地建物取引士資格を持っていないことがありますので、これがあれば良い担当者!という基準は難しいところです。

高い査定額を出しても、実際にその価格で売れる保証はどこにもありませんので、訪問査定では金額を気にするのではなく、どの不動産業者を選ぶかという視点で話を聞くと良いでしょう。

高く売るための査定を手に入れる方法!

机上査定と訪問査定では、手間はかかりますが、訪問査定でより実態に近い査定をもらうことをお勧めします。

しかし、正確だからといって訪問査定を何社も受けるのは現実的ではありませんよね。

そこで不動産業者を比較しながら査定をもらう方法としておすすめなの「不動産一括査定サイト」から始めるやり方です。

不動産一括査定サイトは、物件情報さえあれば、複数の不動産業者に一度に問い合わせができるサイトです。

数社の候補を見つけておき、比較してから絞り込むことで効率よく不動産業者を選ぶことが可能です。

1社ずつ問い合わせて査定をしてもらうと断りにくいですが、不動産一括査定サイトでは査定だけでお断りもオーケー。

業者を選んでから訪問のアポイントに移りましょう。

訪問査定は現地で家を見ることになり、在宅が必要です。

面積や築年数などの情報は、あらかじめ不動産業者が登記記録から確認しているはずなので、細かく説明する必要はありません。

リフォームをしたばかりであれば、プラス材料ですし、壊れている設備があれば査定にも影響します。

訪問査定ではデータになっていない情報を説明すると良いでしょう。

大手から中小まで業者が揃っている不動産一括査定サイトで、自分に合った業者を見つけましょう。

オススメの不動産一括査定サイト

HOME4U

HOME4Uは株式会社NTTデータ・スマートソーシングが運営する不動産一括査定サービスです。

国内初の不動産一括査定サイトで、今年で17年目となる老舗中の老舗。売却査定数も累計30万件と確かな実績を誇っています。

北海道から沖縄まで、全国の不動産会社が登録。
最大6社に無料で査定依頼ができます。

詳細 公式サイト

リビンマッチ(旧スマイスター)

45秒で簡単に査定を依頼することができる一括不動産査定サイトのリビンマッチ。

これまでに、440万人以上の方がサイトを利用しており、96%の利用者がリビンマッチの査定サービスに満足だと答えています。

査定と同時に不動産物件の相場を知ることができるようになっています。

登録されている1,400社の不動産業者にはそれぞれ得意分野があるので、物件によっては1,000万円ほどの差額が出ることもあり、最適の業者を選ぶ手助けをしてくれます。

詳細 公式サイト

イエウール

イエウールは全国約1,400の不動産会社が登録している一括査定サービスです。

全国の相場で判断するのではなく、過去の実績や周辺地域の価格なども参考に見積もりを出してくれるのが特徴。

わずか60秒で入力完了。最大6社に一括査定依頼ができます。

詳細 公式サイト


soraki

宅地建物取引士を取得し、ディベロッパーのマンション営業として企画、集客、顧客の住宅ローンの審査まで幅広く携わる。 新築分譲マンションのモデルルームでの接客をしながら、審査の通りにくい顧客にも対応し、住宅ローンを提案。 その後、マンション管理会社に転職し、フロント営業となる。修繕の提案や長期修繕計画の作成など、管理業務主任者として分譲マンションの管理組合運営に関わる。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る